設定変更

 メール投稿

アバター

サイズ

特殊な投稿

画像投稿

ファイル投稿

アンケート投稿

ダイスロール

メッセージが届きました(ここをクリックで表示)
通常投稿の通知音
ボリューム :
重要投稿の通知音
ボリューム :
お知らせの通知音
ボリューム :
メッセージの通知音
ボリューム :
入室時の通知音
ボリューム :
退室時の通知音
ボリューム :
キーワードの通知音
ボリューム :

会話中

取り込み中

退席中

食事中

電話中

移動中

お手洗い

お風呂

おやすみ

    名前をクリックすると、メッセージを送信出来ます。

    まめこ{#ED1C24:「日記 172日目 今日は弱い雪が降っていた。人魚の機嫌さえ取れれば外に出ようと思っていたのだが、なかなか起きてこないからため息が出た。外に出て一人にしたら自分にべったりになってそれはそれで面倒なので確認は取っておきたかった。人魚には悪いとは思ったが、揺すって起こして反応をみた。青い瞳が大きくなって目が海に置き換わったうおうな気がしてきた。そしてうなずいたからしばらく待った。今日はペットショップに冷やかしに行くことにした。雪が胸あたりまで盛られた山を横目にペットショップへと向かった。動物の健康を守るために暖房が強めに効いていた。人魚にとってはありがたいことだったのではないかと思う。やっぱりペットショップの中身は見た目には変わらない、と思ったが明らかに数が減っているのである。この雪だからか人が減っているのだろう。ただ理由がどうであれ店が潰れるのを見てるには気分がよくない気がする。」} まめこ{#ED1C24:「夢日記 168日目 薄暗い牢屋の中にいた。寒々しく殺風景な部屋の中には、寝床とトイレぐらいしか目立ったものがなかった。あまりに唐突であまりに非現実的だったから、夢の中の自分でさえ首を傾げていた。こんなところに閉じ込められるくらい悪いことはした覚えはないぞと。別に脱獄とかそういうことは考えていなかった。この牢屋を抜けたところで今後のプランがあるかと言われればなかったからだ。そんなことを思いながら檻の柱にしがみつくと、鋭い痛みが来て思わず手を話した。なんと柱は氷でできていて、触れていたところに自分の手の形が彫られていて、水が滴っていた。興味本位で冷たいのを我慢して檻の柱を触り続けた。どんどん柱は細くなっていき、ついには分断された。根本を持って折ると氷柱の槍が出来上がっていた。一回使うだけできっと使い物にならなくなってしまうとは思ったが、ないよりはと思って脇に携帯した。」} まめこ{#ED1C24:※} [P:8327]パールス※ならいいよー。だいじょうぶだからー [P:8232]魂魄銀狼※すみません……ちょっとこのままだと寝落ちしかねない… [P:8232]魂魄銀狼※やば…眠い… [P:8327]パールス(笑いを必死にこらえている [P:8232]魂魄銀狼いや、おまん何を出しゆうがじゃ? [P:8232]魂魄銀狼(流石に困惑する [P:8232]魂魄銀狼………は? [P:8327]パールス(相手に向かって狙いを定めて引き金を引く。なお、射出されるのはポップコーンだ。 [P:8327]パールス※おーけー。 [P:8232]魂魄銀狼※パイルバンカーからお菓子射出するかなぁ… [P:8327]パールス※えぇ? [P:8232]魂魄銀狼※お菓子落とすぅ…? [P:8232]魂魄銀狼※なんとなく切りかかった() [P:8327]パールス※これどうすればいいの? [P:8232]魂魄銀狼(宣言通り刃を首に向ける [P:8232]魂魄銀狼知らんきに。あぁ、こんなべっぴん切るんはいつぶりがじゃ。さぁ、首を断つきに [P:8327]パールス…面倒な人間ね…(途端にジト目となる [P:8232]魂魄銀狼(反対方向から新たな糸が一本だけ這い寄る。突き刺すようにして一直線に向かってる [P:8232]魂魄銀狼ぁ?居たから切るだけじゃ [P:8327]パールス…何が目的だい?(絡みつかれないように注意しながら弾きつつ相手にそう問う。 [P:8232]魂魄銀狼(爆風により移動する。到底人間の身で耐えられる速度ではない( [P:8232]魂魄銀狼(弾かれたワイヤーはまるで生きて居るかのように蠢き、銃剣に絡みつかんと這い寄る) [P:8327]パールス面倒くさいね…(そう言いながらワイヤーを銃剣で弾く。 [P:8232]魂魄銀狼(通り過ぎない。刀がその地点で固定されて居る。間に銀狼はワイヤーを放ち、パールスさんを拘束しようとする [P:8327]パールスふーん…(銃剣を構えて刀が横を通り過ぎるまで待つ [P:8232]魂魄銀狼(ワイヤーが引かれると頭が発光し、爆発的な輝きを見せる。極めて強い光だ。たとえ超人でも目がやられる。 [P:8232]魂魄銀狼(刀は挙動が不自然であり、ワイヤーがつけられて居る [P:8327]パールスパーンてね…(刀に向けて狙いを定めて引き金を引く [P:8232]魂魄銀狼(自身の肉体を吹き飛ばし一気に離脱すると刀をパールスさんの後ろに投げる [P:8232]魂魄銀狼…(笑みを見せる。振っていた腕から激しい衝撃波が放たれる [P:8327]パールスこの微妙な間合いにピッタシなんだよ?(下がりながら槍の振り方で斬りつける [P:8232]魂魄銀狼(肉薄すると肘打ちを放ってくる。狙いは鳩尾だ [P:8232]魂魄銀狼……ははっ。なるほどぉ……ほうか。……(やはり縮地で距離を詰める。銃を警戒しての行いのようだ [P:8327]パールスこの程度ね…こういう事ができるのよ(衝撃を逃しつつ蹴りを使って間合いを取る。 [P:8232]魂魄銀狼…けぇ、お説教かぇ。(刀で剣を受け流し、刃を食い込ませながら鳩尾に蹴りを放つ。腰にピストルを下げて居るが手を伸ばす気配はない [P:8327]パールス殺気を殺してこそ本当に気配を消せるんだよ?(そう言うと銃剣で槍術と同じように攻撃する。 [P:8232]魂魄銀狼……きずかれちょったか。(踏み込み、刃で弾丸を受けながら肉薄する [P:8327]パールス…(形態を銃剣にすると高く飛び上がりながら背後に立った者へ狙いを定めて引き金を引く [P:8232]魂魄銀狼(背後に居る。気配なく俊敏に抜刀すると首に向けて刃を撃つ [P:8232]魂魄銀狼(何も居ない。倒れたのは瓶だけだった) [P:8327]パールス…(刀を引き抜きながら振り向く。 [P:8232]魂魄銀狼(足音がその方向から聞こえる [P:8327]パールス(背負っている刀を左手で握る。 [P:8232]魂魄銀狼(前の方、パープルさんが振り向いて居る方向の逆から「カランコロン」と瓶を倒す音が聞こえる [P:8327]パールス…誰かいる? [P:8232]魂魄銀狼(塀の上に登って居る。直感が鋭いのか、どこかがおかしいのか。後ろを振り向く前に深く隠れて居る [P:8327]パールス…(すっと後ろを向く。 [P:8232]魂魄銀狼……あ?(刀を背負ったパープルさんを見つける。気配を遮断し近づく。気配遮断は本業にこそ追いつかないが、多少の経験者の目を欺くほどの腕前である [P:8327]パールス…始祖は今頃ぐっすり眠ってるかな…(刀を背負いどこか歩いている。 [P:8232]魂魄銀狼……けぇ。まっことつまんきのぅ……(人に突き刺した刀を抜く。彼は人斬りだ [P:8327]パールス※先どうぞ [P:8232]魂魄銀狼※人斬りじゃあ [P:8327]パールス※ほい [P:8232]魂魄銀狼※パープル [P:8320]ブラック※今の色の気分は? [P:8232]魂魄銀狼※私これになる 空条快斗※誰使います? [P:8320]ブラック※うーむ… 空条快斗※誰使おっかな… [P:8320]ブラック※いいよー 空条快斗※なりしませんか? 空条快斗※がりっ [P:8320]ブラック※チラ 空条快斗※アメンドーズ弱っ… 空条快斗※よし、大砲4連できる…… [P:8320]ブラック※今? 空条快斗※ブラックさんなりしませんか? [P:8320]ブラック※あーなるほど 空条快斗※ブラッドボーン が楽しいです [P:8320]ブラック※こんばんは 空条快斗※こんばんは [P:8320]ブラック※チラ まめこ{#ED1C24:「日記 171日目 寝過ごした。起きたらどうやら正午付近になっていたらしく、既に起きていた人魚が心配そうに覗きこんでいた。一つだけ言い訳するなら今日は特段雲が厚くて明度がとんでもなく低かったからでもある。そんなに厚い雲が来たからには雪も黙ってはいない。雪が降り方はかなり強く、外に出れそうにはなかった。テレビを点けたはいいものの最近の豪雪についての情報が大半になっていて、あまり面白いものではなかった。風の吹き方が今シーズンは少し変わっているらしかったが、細かいことを理解しようとするのは頭が拒否していた。人魚も隣でテレビを見て、一人でうなずいていた。意欲だけなら間違いなく人魚の方が高いだろう。いいのか自分。こんな生活になってからなかなか怠惰な部分が抜けない。抜く必要が見当たらないと言ってしまえばそれまでだが、何か大切なものをいつの間にか逃しているような気がして少し怖い。」} バイキュリテス※非常に文学的だ まめこ{#ED1C24:「夢日記 167日目 駅のホームにいた。天井が高く空は曇天だった。電車が一切速度を緩めずに通過していった。吊るされている電光掲示板によると次の電車もこの駅には止まらないらしい。本当に無駄に広い駅だった。反対方向にはもう一つ島型のホームがあり、地面には15号車がここにとまると書かれてあった。風が吹き抜けて寒かった。誰もいないホームを一人階段へと向かって歩き出した。電車が横を通り過ぎていった。次もこの駅には止まらないらしい。階段を降りて屋内に行っても、外の冷たい風がそのまま突き抜けているような感覚だった。全ての店にはシャッターが下ろされ、蛍光灯の灯りだけがまともに機能しているものだった。そのまま改札の方へと行こうとしたのだが、この駅は非常に複雑なようで、歩いても歩いても同じところを繰り返しているようにしか思えなかった。右に行こうと左に行こうと、最終的に見たことのある場所にいた。」} 空条快斗※ぬわーっ まめこ{#ED1C24:※のわー} 空条快斗※そんなものはない バイキュリテス※空条ニキネキのフェロモンに呼び寄せられてるんだよ・・・ 空条快斗※そしてどうしてこんなに人が…? 空条快斗※時が経つのは早いですね [P:8270]ジーク※もう2時前だ [P:8269]烈火※内臓攻撃 [P:8324]   ディナミエル{#0000FF:※なんだかんだ言ってキャラの中身はしっかりしてそうでしてなかった} [P:8269]烈火[P:8270] [P:8324]   ディナミエル{#0000FF:※ないと思う} [P:8269]烈火※果たして内臓を売ることはあるのだろうか [P:8324]   ディナミエル{#0000FF:※ネタを織り交ぜた感じのキャラだね} [P:8269]烈火※おわりぃー [P:8324]   ディナミエル{#0000FF:※終わり} [P:8269]烈火じゃあの! [P:8324]   ディナミエル{#0000FF:じゃあの(そして出て行った)} [P:8269]烈火何やっとんじゃ… [P:8324]   ディナミエル{#0000FF:あれ、おっかしいな(蹴って壁に穴を開ける。その拍子に割れて、通れるようになる)} [P:8324]   ディナミエル{#0000FF:つまりは監視じゃ。なんか未来の管理社会の発想にも通ずるんね(腕が抜けない)} [P:8269]烈火ほぉー… [P:8324]   ディナミエル{#0000FF:見続ける者}